惜しみない努力に              もっと光を


by venuscolor
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

苦戦中…

何がってアナタ、iPodですよ…

やらなきゃちっとも理解できないんですが、やり始めると本当に他のことが何も手につかない;
気が付きゃ1時間、2時間経ってる…

他にやること山ほどあるのに!

思った以上に手強いです。コイツ。
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-12 16:54

マディソン郡の橋

BSで… やってましたね。
観たことはなくても、聞いた事のある人は多いんじゃないでしょうかね…



単刀直入に、私、この作品大好きなんですよ。
ホントに、何度この橋を、アイオワ州マディソン郡を訪ねようと思ったことか。
といいながら、未だそれは実現できていないけど…



これって、単なる不倫映画だと思う人も多いと思います。
でも… 私は、それだけじゃないと思う。
つーか、不倫でもなんでもないと思うんですよ。むしろ超純愛映画。
おかしいですかね?

アメリカの片田舎に住む、ごくごく平凡な農家の主婦と、
世界を渡り歩く写真家の、たった4日間の恋の物語。
その4日間が、2人にとっての永遠の4日間になる。っていうね。

お互いがお互いを想うがゆえに、この4日間に想いの全てを馳せる。
それ以上のものは、何も望まない。
そして… ヒロイン フランチェスカの死後、彼女の子供たちが日記を見つけ
彼女の、あの4日間のすべてを知る。


もうね… 号泣。
ほんと、号泣。画面、見えない。

この映画公開の1995年、当時首都圏でも単館上映。
私は一人、横浜の本牧まで足を運びました。
そこで~ もう号泣ですよ…

クライマックス。
2人が別れた翌日、フランチェスカの夫が運転するクルマに乗って…
雨の交差点で、前の車にロバートの姿を見つけるシーン。
クルマを降りようとするフランチェスカ。
ロバートが、フランチェスカに気づいたのか否か…
ルームミラーにネックレスをかける。
それを見たフランチェスカがドアノブに手をかけるも…
クルマから降りられない。
そして信号は青へと変わり。
どしゃ降りの中、ロバートのクルマは左へと曲がっていく… 永遠の別れ。


あぁ~ もう… 号泣すぎて言葉にならない…



うん、なんかね。
たしかに、ただの不倫映画なんだけど…
でもこう、お互いがお互いを尊い、敬う気持ちってのかな…
想い合っているからこそ、お互いの幸せを尊重して、
でも、あの4日間のことを2人は永遠に心の中で温め続けて、
あの日のことを思えばどんなことでも乗り越えられる。
そばにはいなくても、もう二度と逢えなくても、
2人の心は世界中のどこにいても通じ合っているわけで…



こんな想いを抱いてる人なんて、世の中にそういないわなぁ。
いたら、会ってみたい!
でもさ、こんな想いを抱けたら、すごく美しいことだと思わない?
単なる憧れでしかないんだけど、ここまでの想いを貫ける、
ここまでの恋を全うできるって、すばらしいことだと思う次第…



加えて、このアイオワ州マディソン郡そのものに、モーレツに惹かれてしまったわけ。

この映画を観て、アメリカの片田舎に行ってみたい!
真剣にそう思うようになって早や十数年。
今も、その想いは変わりません。
あの、懐かしい空気と、穏やかな日差しと、砂埃を上げてどこまでも続く道…
何もかも忘れさせてくれそうな、あのでっかい地に、一度でいいから
降り立ってみたいな、って。
そして、何もかも忘れてみたいな…って、ほんとに思います。

ここらで一発、意を決して敢行すべかな!
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-12 00:25 | Movie & Drama

iPod購入

今まで使っていたMP3がついにお陀仏…
バッテリーも寿命だったし、ついにはPCにつないでも読んでくれなくなった…
修理もすでに3回出してるしね… 酷使しすぎかの…

てことで。

一台発起~ iPod購入♪

んまぁ、今さらiPodてのもありますケド… それが何か?

このたび、あたくしが購入しましたものは…
この9月に発売になったばかりのiPod nano 第4世代。
ちょっとぉ~ 今風じゃないのさ~ オラオラ


今回ね、何色を買うかものすごく迷ったのさ。
今ドキのiPodて、実に9色ものカラーが!
うち、レッドはアップルストア限定色なんだけどね~
なぁんだ、レッドは限定かぁ~
いや、このたびね、あたくしは某量販店のポイントを使いたかったので
ネット売りはNGだったのよね~ん
んなわけで、残りの8色から選ぶことになったわけですが…


ぱっと見、紫がかわいいと思った次第。
あとは… そうね、元来緑好きなので黄緑。このどっちかかな、と。
あとは店頭で見て決めよっかなー、と思って行ったわけさ。


そしたらね。

見ているうちに…

ほら、iPodのケース、あるじゃない?
これがさぁ~、ボディと同じだけの色の展開がされているわけさ。
それを見ているうちに。
なんだかね、これってば、ボディじゃなく、ケースを着せ替えするのって、アリ??なぁんて
思い始めちゃったワケ。
最初は好きな色買って… なんて思ってたんだけど、むしろシルバーを買って
ケースを何種類か… てな感じ?


さぁて、そこから迷った迷った;
ケースの着せ替えって、アリなのか?
みんな、どうしてるの??てな勢いで迷い出したら止まらない…
時間はどんどん過ぎていく…

ラチ開かないので、こりゃ店員さんに聞くべし。

そしたらね。




「あんまり(着せ替え的な使い方は)聞いたこと、ありません」




え、えぇ~っ… そ、そぉなの…
なぁんだ… 名案だと思ったのに…


そんな質問を、店を変えて計4人にすべくも、答えは同じ。
そ、そぉなの…?あたしって、ヘンなのか…?


でも…
見れば見るほど、シルバー×着せ替えが「アリ」に見えてきた…


迷うこと30分以上…



決めました。



着せ替えiPod~♪


それもね、スケルトン的なケースじゃ、NGなのよ。
マットなやつじゃないと。



てことで、結局シルバーを購入。
ちなみに… あたしが当初買おうとしていたパープルは一番人気。
それを聞いた時点で、パープルは買う気が失せました↓↓↓
逆に… シルバーはもっとも出ない色のひとつ… らしいです…

いーのいーの
人と一緒ではつまらない。むしろ、人がやらない着せ替えを敢行すべし。


てなわけで、こんな感じになったのです。


まず… シルバーってこんなんね。

a0026847_0374510.jpg


シブイですよ~ ちょっと、ビジネスマン風。

で、着せ替え~

a0026847_0381013.jpg


まず、赤ね。
やっぱレッドは外せない!
しかもこのケースは高かった…
色々なメーカーのケースがあるんだけど、このビビッドでベタな「赤ー!」て感じのデザインに一目ボレ。
他メーカーの赤じゃなくて、この赤がいいのよーって思ったら譲れなくなった…


a0026847_038404.jpg



でもって、黄緑。
元来、緑好きなのよ。子供のころから。
なんか、前向きになれるというか、気持ちが上向きになるというか。
こちらももちろんマットなデザインで。


a0026847_03914.jpg


で、こちら。ピンク。

これが~ 思いのほかかわいい☆
何気に、3色の中で一番のお気に入りになってます。
この、黒×ピンクがマイブームで… 超~かわいいの♪


こうしてみると、こういう買い方も、あながち間違ってはいないかな…なんて。

a0026847_0392366.jpg


まぁね、ボディ本体に色がついてたほうがたしかにかわいいんだけど、
多分飽きるだろうし… 結局ケースつけるんなら、これもアリかしら?なんてね。



で…

早速、曲を同期しますよ。






……



………



戦うこと、1時間以上…


同期の仕方が分からない!
今までのやり方とまったく違うのよ~;
何なに?iTuneとやらをインストしなくてはいけないのですかぁ…
インストしたはいいけど、どうやって同期すんのさ~
んも~ 四苦八苦よ;
このiPodとやら、さすがはアップル、取説らしい取説がないのよね…
すべてはPCから。
んまぁ~ いいっちゃいいけど、やっぱ書面で欲しいと思うのはあたしだけか…?

でもなんとかできつつあり…

しっかし、iPodってすごいのね!(今さら)
アルバムごととか、ミュージシャンごととか、作曲者別とか…
それら全部PCからの情報で自動でフォルダに振り分けられてるじゃん!
しかも、本体を横にしたら画面も横向きになるよ…
ビル・ゲイツ氏って天才…(今ごろ)

っはぁ~ 疲れた;
iPodとの戦いはまだまだ続く…
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-10 00:45 | Music & Live

ただいま~

無事ソウルより帰還いたしました。



真剣に帰ってくるのが嫌でした…
久々のソウル、超~楽しかった!
嵐コンは… 感無量。
パワーもらったはずが、それ以上のものを吸い取られてしまった…




本日誕生日を迎え。
3?歳になりました。
いよいよ人生の架橋に入ってきたか… 的な空気。


今年もまた、今日という日を迎えられたことに感謝。

この一年で新たに出会えた人たちに感謝。

そして、これまで私を支えてきてくれたすべての人に感謝。


これから先の自分とどう向き合っていかなければいけないか、
今はまだその現実をなかなか実感できないけれど、
今置かれている状況の中で自分はどうあるべきか、
そのことにまっすぐ向き合うことが大切なんじゃないかな…と思っています。


今はただ…
公私共にぽっかりと穴が空いてしまった状態で。
今年最大の完全燃え尽き症候群。
次をどうしていいか分からないけど…


      ♪振り向くな 後ろには明日はないから 前へ 前へ


この先の1年が、実りある1年となりますように…
自分、がんばれ☆
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-05 12:49 | Daily Life

GO!SEOUL!

おはようございま~す






眠いです…





しかし気合で行きます…






行ってきま~す♪
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-01 05:18

近況報告

私事ですが、このたび、本日をもって仕事を辞めました。



あ… 突然ですみません。

驚かれた方も多いでしょう。
何せ突然のことだったもので。

昨日のクッキーはそんなわけです。
職場のみなさんにお配りしました。


先月かな、一番キツかったのは。
精神的に本当にキツくて、もう、自暴自棄MAXでしたね…
悩んで、泣いて、の繰り返し。
毎朝、泣き腫らした目を氷で冷やして出勤。
それでも会社に行くと「すごい疲れてるみたい…」と言われ続けていました。

今月に入ってようやく少し、自分の心の中で整理がついてきて、
最後の一週間でやっと、吹っ切れたような気がします。
そして、今日に至ったわけです。

この仕事、決してたやすくはありませんでした。
始めた当初はとにかくキツくて、何度辞めようと思ったことか。
それでも、とにかく半年間はがんばってみよう、と無理矢理自分を
奮い立たせていました。
そしてその半年が経ったころ… ようやく、自分スタイルの仕事のやり方が
見えてきた。
続けていてよかった、そう思いました。
あそこで辞めていたら、なんの成長もなかった。

体力的にもかなりキツかったです。
もともと落差の激しい仕事なので、ヒマな時はヒマで…
シーズンが始まると、芸能人なみのスケジュール。
そんな日々が3~4ヶ月続く。
心身ともに疲労もピークでした。

前から言っていることだけど、人はがんばった分、必ず成長する。
必ず軌跡を残していて、そこにはしっかりと道ができている。
どんな小さなことでも、すべてのことに意味があって。
すべてのことはプラスにつながる。マイナスなことなんてひとつもない。
マイナスだと思えることこそが、自分の成長に大きく役立っているということを。

今日、挨拶回りをするたびに、みんなから感謝の言葉をいただいたり、
励ましの言葉をいただく。
そこで初めて、自分はこんなにもたくさんの人たちに支えられてきたんだ… と
今さら気づきました。
一人で悶々としている日々が続いていたり、ついあたってしまう自分がいたり。
でも、すべてのことは一人では成し得ない。すべてのことは、
どこかの誰かがいて、支えあって成り立っているのだということ。
そのことに、今さら気づきました。

この職場でみんなから学んだこと、ここでしか知り得なかったこと、
そんなたくさんの経験や知識が、私の財産となって還元されているとすれば
こんなすばらしいことはありません。
そして、みんなと出会えたこのキセキを、私は信じたい。そう思います。




とにかく、心身ともに疲れました。
とりあえず明日からは…


えーと。韓国行ってきます…


レポできますように!
[PR]
# by venuscolor | 2008-11-01 00:30 | Daily Life

クッキー大量

クッキーを焼きました。
お菓子焼くの、すごい久しぶり。
ちょっと余計なものがいっぱい写ってますけど 笑

a0026847_030134.jpg


1コずつのラッピングは超~シンプル。
何せ時間ないもんで… 手抜き隊。
セロハン袋と麻紐は百均です 笑

a0026847_0312011.jpg



どうしてこんな平日にこんなに大量のクッキー?

それは… 次回のお楽しみ!

おやすみなさい zzz…
[PR]
# by venuscolor | 2008-10-31 00:36 | Food

学生から教わったこと

出張で料理講習会をしてきました。
場所は、とある調理師専門学校。
学生が数人、お手伝いをしてくれました。

いわゆる学生さんと向き合うのなんて何年ぶりでしょう。
すっごく新鮮で。

「調理師になりたい」っていう思いでここの学校に入って、
みんな前向きにがんばってます。
こちらが指示したことにははきはきと返事をし、進んで手を出す。
もちろん、技術はまだまだ追いついていない部分もある。


でも。

みんな輝いている。
生き生きしてるもの。
夢が、あるもの。
目がキラキラしていたよ。

あ… この気持ちが大切なんだ、って思った。

同時に、すごいな、って、尊敬の念すら覚えました。
若干ハタチ?の年齢で、こうして自分のやりたいこと見つけられて、
そのためにこうして努力して。
あたしのハタチなんて、どうしようもなくちゃらんぽらんだったな…

自分の人生を決めるのは自分。
やる気次第で、いかようにも動かせる。
逆に、自分が動かなければ自分なんて変えられない。
こんな若いコたちに、「夢を持ち続けること」の大切さを教わりました。
[PR]
# by venuscolor | 2008-10-26 00:34 | Daily Life

グリース

斗真くん&屋良くん&豪くんの舞台「グリース」を観に行ってきました。
この作品はもう30年以上も前の作品で、ブロードウェイのみならず世界中で
上演されてきているものです。
舞台は1950年代のハイスクール。ちょっぴりワルな男のコと、
その回りを囲む女のコの友情と恋愛を描いた、学園モノです。
とはいいながら、私は一度も観たことがなく。
基本、斗真くんのダンス大好き!屋良くんのダンス、超~キレがいい!
豪くんにいたっちゃ、世界レベルですからね。
そんな3人が歌って踊ると来りゃ、そりゃもう期待せずにはいられません。
そしてそしてもちろん、それは期待どおりのものでした!

斗真くんは2007年のSHOCKで初めて見て以来。
その時に、すごく舞台栄えのするダンスだなぁ~と思ってね。
あたしの好きなダンスだぁ~。正統派。動きも大きいし。
立ち方ひとつ、笑顔ひとつにしても自分の見せ方を知っている人ですね。
サマになってる。
しかもさぁ~。足、長っ!!
特別背が高いわけではないのにね~。超~ 足、長いの。
笑顔もかわいいしね~。役どころはリーゼントに革ジャン、くわえタバコ…という
トッポイ出で立ちですが、どこかワルになりきれていない可愛さが残っていて。
そんなところも、主人公ダニーの人柄と似てるのかなぁ、なんて思いました。

つづいて屋良くん。
彼は今年のSHOCKに出演しましたね。
斗真くんも屋良くんも、コウイチのライバル役として。
同じ役でありながら、2人それぞれ個性がよく出ていて、
両方ともすごくよかったです。
私が屋良くんのダンスを初めて生で見たのは… たしか去年の番協でしたな。
滝沢プロジェクトの。
その前から彼のダンスは気になっていて、
今では少クラプレミアムでのMAのコーナーは欠かせません。
まぁ、MAは3人ともすごいけどね。
今回も屋良くん、ステキなステップを披露してくれています。
あの人はほんとにダンスが身体の一部になってます。
考えなくても勝手に体が動くんでしょうな… あーいう人は。
あんな小さな体で、ほんとにすごい存在感です。
私は彼の舞台、まだこの2作品しか観たことがないのですが、
両方とも主人公のいわば「ライバル」的存在で、
少しとがった感じの役柄が多い、のかな…
顔つきもシャープだしね。
基本、犬顔好きの私なんですが、屋良くんの超~猫顔、悪くないんですよね~ 笑
彼のまっすぐな、力強いまなざしに、1本筋の通った信念みたいなものを感じます。

それから豪くんですが。
何って、御歳3○歳とは思えないほどの可愛さ。
だって~ 正直、他の2人と10歳近く離れているわけですよ。
それなのにあの可愛さはなんでしょう。
しかーし、彼の魅力は別に可愛さだけにあらず。やっぱダンス躍らせたら世界一。
そこのギャップがいいんだろうなぁ~。
豪くんは、去年、同じく青山劇場で上演された「ハイスクール・ミュージカル」にも
出演されていて、うん、その作品を思い出しました。
セリフの合間合間に、ちょぃちょぃステップ踏んで遊んでたりするのが
お茶目さんでした。

それから女性陣ですね。
ヒロインは神田沙也加ちゃんに、彼女を妬むライバル役には藤本美貴ちゃん。
なんともアイドル色ムンムンな感じですが… 思った以上に頑張っていました。
藤本美貴ちゃんはセリフの声出しもよく出ていたし、学園ものという観点からしたら、
配役も悪くないな、と思いましたよ。

とにかく、舞台は楽しいことが一番!
歌って、踊って、笑って、役者さんたちがとても楽しそうに演じていて、こちらまで
気分が楽しくなります。
役者さん全員がもちろん、舞台のプロではないから(特に主役クラスは)、
歌が満足でなかったり、ダンスが満足でない人だっているかもしれません。
でもそんなところを脇が上手に固めてくれているし、
みんな、特に学園ものは、イキイキしてます。
学園ものは決して、若い子だけが見るものじゃないし
逆に、大人が見ると、学生時代を思い出すいいきっかけにもなるんではないかと。
で、あとは、作品のノリにうまく乗せられちゃっていいんじゃないか、と思います。
自然と手をたたきたくなるような、役者さんたちはそれを望んでいるんじゃ
ないかなぁ~、って思いました。

来週、もう一回観に行ってきます☆
[PR]
# by venuscolor | 2008-10-22 14:53 | Theatergoer

滝沢革命

青封筒が届いて1週間。



会社で先輩に「載ってたねー新聞に」と言われ、
帰ってきて探す探す…




束にして探していた、一番最後の新聞。




見つけた瞬間、真剣に息が止まりました。
そしてそこからしばし、動けなくなりました。




あ… 火 止めなきゃ。(鍋の火を止めに行く、の図)




滝が… またこんなにせつない瞳をしています。

つい先日、あんなに笑顔だったのに。




だいたい、何で新年早々帝劇?
だいたい、「滝沢革命」って、何さ… 意味分かんないし。
あれだけ演舞と謳い続け「ライフワークにしたい」とまで言っている彼が、
なぜ今こんな舞台?
「やらされ」感満載じゃんょ… なんでもっと自分を主張しない?
演舞を貫くんじゃなかったのか…?


たしかに。来年の演舞は正直厳しい。いろんな意味で。
でも、だからってこっちに逃げるの?
惰性で舞台とかやってほしくないんだけど…
誰一人としてこの青封筒をクリコンと信じて疑わなかったのに。
演舞はどうなってんの?滝翼はどうなってんの?
みんな、2人のステージ待ってるんだよ…

ちっとも煮え切らない。
本心が聞きたい。
もっと自分の存在、大事にしてよ…
[PR]
# by venuscolor | 2008-10-17 00:27 | Theatergoer