惜しみない努力に              もっと光を


by venuscolor
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Music & Live( 200 )

The Best of Sade


a0026847_2391716.jpg先日、フラッと呑みに入った店でかかっていました。

「あ、なつかしー」
学生のころを思い出させてくれました。

私の好きな音楽のジャンルのひとつ、ブラックコンテンポラリー。
学生のころにハマって以来、今でも部屋でよく聴きます。

ほら、今日は一人年末でしょ?
なので、TVを消して聴いています。

80年代のR&Bを代表する女性ボーカリストのsade(シャーデー)。
この、メロウでアンニュイなメロディラインがなんともいえません。
ブラックならではの魅力といいますか、色気といいますか。
他の人種では、この魅力は出せません。
同じ歌を歌っても、この味は出せません。

ブラックコンテンポラリーって、soul=魂というか、心というか、
そこをじかに刺激してくれるっていうか、
身体の一部になってくれるんですよね。
このリズムとサウンドが、soulを刺激してくれるんですよ。

夜、一人の時間を過ごしたい時にとっておきのおススメの一枚です。


   The Best of Sade
   オリジナル盤発売:1994年
[PR]
by venuscolor | 2008-12-28 23:15 | Music & Live

iPod購入

今まで使っていたMP3がついにお陀仏…
バッテリーも寿命だったし、ついにはPCにつないでも読んでくれなくなった…
修理もすでに3回出してるしね… 酷使しすぎかの…

てことで。

一台発起~ iPod購入♪

んまぁ、今さらiPodてのもありますケド… それが何か?

このたび、あたくしが購入しましたものは…
この9月に発売になったばかりのiPod nano 第4世代。
ちょっとぉ~ 今風じゃないのさ~ オラオラ


今回ね、何色を買うかものすごく迷ったのさ。
今ドキのiPodて、実に9色ものカラーが!
うち、レッドはアップルストア限定色なんだけどね~
なぁんだ、レッドは限定かぁ~
いや、このたびね、あたくしは某量販店のポイントを使いたかったので
ネット売りはNGだったのよね~ん
んなわけで、残りの8色から選ぶことになったわけですが…


ぱっと見、紫がかわいいと思った次第。
あとは… そうね、元来緑好きなので黄緑。このどっちかかな、と。
あとは店頭で見て決めよっかなー、と思って行ったわけさ。


そしたらね。

見ているうちに…

ほら、iPodのケース、あるじゃない?
これがさぁ~、ボディと同じだけの色の展開がされているわけさ。
それを見ているうちに。
なんだかね、これってば、ボディじゃなく、ケースを着せ替えするのって、アリ??なぁんて
思い始めちゃったワケ。
最初は好きな色買って… なんて思ってたんだけど、むしろシルバーを買って
ケースを何種類か… てな感じ?


さぁて、そこから迷った迷った;
ケースの着せ替えって、アリなのか?
みんな、どうしてるの??てな勢いで迷い出したら止まらない…
時間はどんどん過ぎていく…

ラチ開かないので、こりゃ店員さんに聞くべし。

そしたらね。




「あんまり(着せ替え的な使い方は)聞いたこと、ありません」




え、えぇ~っ… そ、そぉなの…
なぁんだ… 名案だと思ったのに…


そんな質問を、店を変えて計4人にすべくも、答えは同じ。
そ、そぉなの…?あたしって、ヘンなのか…?


でも…
見れば見るほど、シルバー×着せ替えが「アリ」に見えてきた…


迷うこと30分以上…



決めました。



着せ替えiPod~♪


それもね、スケルトン的なケースじゃ、NGなのよ。
マットなやつじゃないと。



てことで、結局シルバーを購入。
ちなみに… あたしが当初買おうとしていたパープルは一番人気。
それを聞いた時点で、パープルは買う気が失せました↓↓↓
逆に… シルバーはもっとも出ない色のひとつ… らしいです…

いーのいーの
人と一緒ではつまらない。むしろ、人がやらない着せ替えを敢行すべし。


てなわけで、こんな感じになったのです。


まず… シルバーってこんなんね。

a0026847_0374510.jpg


シブイですよ~ ちょっと、ビジネスマン風。

で、着せ替え~

a0026847_0381013.jpg


まず、赤ね。
やっぱレッドは外せない!
しかもこのケースは高かった…
色々なメーカーのケースがあるんだけど、このビビッドでベタな「赤ー!」て感じのデザインに一目ボレ。
他メーカーの赤じゃなくて、この赤がいいのよーって思ったら譲れなくなった…


a0026847_038404.jpg



でもって、黄緑。
元来、緑好きなのよ。子供のころから。
なんか、前向きになれるというか、気持ちが上向きになるというか。
こちらももちろんマットなデザインで。


a0026847_03914.jpg


で、こちら。ピンク。

これが~ 思いのほかかわいい☆
何気に、3色の中で一番のお気に入りになってます。
この、黒×ピンクがマイブームで… 超~かわいいの♪


こうしてみると、こういう買い方も、あながち間違ってはいないかな…なんて。

a0026847_0392366.jpg


まぁね、ボディ本体に色がついてたほうがたしかにかわいいんだけど、
多分飽きるだろうし… 結局ケースつけるんなら、これもアリかしら?なんてね。



で…

早速、曲を同期しますよ。






……



………



戦うこと、1時間以上…


同期の仕方が分からない!
今までのやり方とまったく違うのよ~;
何なに?iTuneとやらをインストしなくてはいけないのですかぁ…
インストしたはいいけど、どうやって同期すんのさ~
んも~ 四苦八苦よ;
このiPodとやら、さすがはアップル、取説らしい取説がないのよね…
すべてはPCから。
んまぁ~ いいっちゃいいけど、やっぱ書面で欲しいと思うのはあたしだけか…?

でもなんとかできつつあり…

しっかし、iPodってすごいのね!(今さら)
アルバムごととか、ミュージシャンごととか、作曲者別とか…
それら全部PCからの情報で自動でフォルダに振り分けられてるじゃん!
しかも、本体を横にしたら画面も横向きになるよ…
ビル・ゲイツ氏って天才…(今ごろ)

っはぁ~ 疲れた;
iPodとの戦いはまだまだ続く…
[PR]
by venuscolor | 2008-11-10 00:45 | Music & Live

A.B.C.-Z Kis-My-Ft2 First Concert

横浜アリーナへ「A.B.C.-Z Kis-My-Ft2」コンサート=通称「エビキスコン」へ行ってきました!
ついにJr.へ手を出し始めたか… 笑

この2グループ、「A.B.C.-Z」と「Kis-My-Ft2」、デビューはしていないのです。
しかし、2グループとも結成して長く、ずっとJr.の位置にいながらがんばってます。
実は彼らは滝翼のバックにずーっとついていて、今回彼らにとって初の単独コンサートが実現。
昔は「この子たち、ジャマ~」なんて思っていたのですが、だんだん見ているうちに
彼らのがんばりとか、一生懸命な姿に放っておけなくなり…
なんか、それを応援したくてこのほど行ってまいったわけです。

A.B.C.-Zは、この5月に新メンバーの橋本くんが加入し5人に。
もとの「A.B.C.」から「A.B.C.-Z」へグループ名も変更しました。

それにしてもとにかくすごい人気ぶりのようで、当初2日間3公演の予定だったものが、
気がついたら追加含め3日間5公演、さらにそれでは飽き足らず、来月代々木で再追加2日間3公演。
申込総数なんと40万だったそうです… 嵐 超えちゃったし。(嵐33万でしょ?)
あたしも、実は追加へ回されてしまい、でもどうしてもその日は行かれなかったので
交換相手を必死に探しようやく、といったところでした。

ネタバレ♪
[PR]
by venuscolor | 2008-10-15 23:47 | Music & Live

Style

最近ココロに響いてる歌。


Style。


誰の歌、って言いません。
ただ… 知ってる人、そしてあたしのことを知ってる人は、
「えぇっ…?それなの…?」ってビックリすると思う。


言っておきますが~。
歌、が好きなんですよ。歌、が(しつこい)
よく見たらこれ、作曲は久保田利伸ではありませんか。
どうりで。
すごい自然なんですよね。
PopでGroovyで、んでもってカラダにスーッって入ってくる。
知らず知らずのうちに肩の力が抜けて。
すごいいいメロディラインだなぁ… って思ってたら。そういうことですか。


そしてこれは、歌詞がまたいい。
今、すごい響いてます。自分的に。



  ♪強く It's my style
    貫きたい 自分らしく 楽しまなきゃ 損じゃない


自分らしく楽しむ…
できそうでできないけど、できたならそれってすっごくHappyなこと。



  ♪それが It's my style
    誰かじゃなく 自分らしい 幸せなら いいじゃない


自分らしい幸せって、なんだろう…って。
それを自分に置き換えてみる。
何が自分らしい幸せなのか… 見えてこなくて。もどかしくて。



  ♪ガマンは正義じゃない 気づけよ
    大きく 息を はいて



このフレーズが一番、くる。
「ガマンは正義じゃない」…
そう。
ガマンすることだけが正しいってことじゃない。
自分を押し殺せばそれが評価される、ってことでもない。
もちろん、わがままを押し通せ、ってことじゃない。
でも、そうじゃない、自分をさらけ出せないってことは、つまりは
物事に対して素直になれていない、ってこと。


大きく、息をはいて。
自分が自分であり続けるために。ね。
自分にとって、何が「正義」なのかを見出すために。
もう、永遠の課題です。


それにしても… なんであたし、この歌に響いちゃったんだろう…
[PR]
by venuscolor | 2008-10-09 00:56 | Music & Live

GO!国立!

嵐 行きま~す!

半休で~す!すいません!



国立2Daysですが、ワタクシ明日から広島のため
本日のみの参戦。

ですので~ 今日にすべてを捧げます!
壊れたらすいません。

08ARASICK 再発☆
テンションマキシマム↑↑↑

行ってきま~す!
[PR]
by venuscolor | 2008-09-05 12:40 | Music & Live

堅ちゃんふたたび

さいたまスーパーアリーナの堅ちゃんライブに行って来たよん。


今日の堅ちゃん、今まであたしが見て来た中で一番キテいたかも…?

ちょっと、ネットニュースでも触れられちゃっていましたが、いろんなことがあり、
彼の中で清算できないこととか、受け入れられないこととかたくさんあったんだろうなって…

この一週間、人間としてサイテーな日々を過ごしていたこと。
月~金まで、一歩も外に出なかったこと。
自分を責めに責め続けていたこと。

それでも、生きていれば、まぁいいこともあるだろう、こと。


私が一番響いたコトバ。





「苦境」は、必ず自分の糧に、肥やしになる。





自分にとってツライこと。
それはいつの日か必ず、自分の糧となってカタチになる。
その時はツラくても、ツラければツラいほど、それが肥やしとなって
自分を大きくさせてくれる。


彼からはいつも、「人間臭さ」を学ばされます。
カッコつけたくて口に出したくないことを、彼が教えてくれる。
だから、そこから目を背けずに、一歩ずつ進んで行こうって思える。

人なんて所詮、自分がかわいくて、カッコつけたくて、強がってみせたくて。
そんなもんじゃない?

そうありながらも、弱いトコロを自分なりに消化できる、そんな人間になりたいな、って、
堅ちゃんのライブに行くといつもそう思います。

今日くらい泣いた日も、なかったなー。

堅ちゃん。ありがとう。
[PR]
by venuscolor | 2008-07-13 00:04 | Music & Live

好きなサウンド

嵐のニューアルバム「Dream "A" live」の中の、とある曲がダイスキで。

誰が作曲、いや、編曲しているのかな~と思って調べてみました。

安部 潤さん

ちょっと調べてみました。すると。

この方、ジャズプレイヤーですね。ははぁん。

で… 今までにどんな曲を手がけているかと思って見てみたら。
ビックリしました。

まぁ、ジャニーズに限って、いや、嵐と滝翼に限ってなのですが。
(ジャニーズで手がけているのはほとんどこの2グループだけなんです)
オドロクほど、あたしの好きな曲ばっかりだったのですよ。


 滝翼
  Mermaid
  queen of R

 嵐
  WAVE
  Raise Your Hands
  Rain(大ちゃんソロ)
  夢でいいから(翔さんソロ)
  眠らないカラダ

で… もっともオドロいたのが。

滝翼の。

「愛世界」。

えぇ~っ。
「愛世界」ですか… かなり好き 爆


どうやらあたしは、好きな曲の傾向がかなり偏ってるみたい 笑
[PR]
by venuscolor | 2008-05-05 23:21 | Music & Live

ANOTHER SIDE OF KEIKO LEE


a0026847_0502168.jpg私の好きなジャズシンガーの一人、KEIKO LEE。
彼女の最新アルバムがこちら。


ANOTHER SIDE OF KEIKO LEE


この、なんともいえないお色気ムンムンの彼女から発せられる歌声は
とってもハスキーでニヒル。
これがまたステキなんですね~。

今回のアルバムはオリジナル、というよりはカバー?コンピレーション?
な感じです。
この中でも特に好きなのが、あのCHEMISTRYの堂珍嘉邦さんとのデュエット
「DISTANCE」。
あれ?前にも紹介しましったっけ?
お二人の声が実によく合う。のびがあってツヤがあって、あたたかくて、せつなくて…
堂珍って、こんなに色気あったっけ?的な感覚です。
これはぜひ、みんなにも聴いてもらいたい一曲。

なんだか、秋の夜長でもないのに、妙にJAZZづいています。
[PR]
by venuscolor | 2008-05-04 00:52 | Music & Live

Ken Hirai "Fakin' Pop"

約4年ぶりのツアー、平井堅の"Fakin' Pop"、お友達のBちゃんから譲っていただいて
昨日の初日に行ってきました!
Bちゃん、どうもありがとう~☆ 武道館は外れたので、とってもうれしかったです。

本格的なツアーは約4年ぶりということで…
そうか、あれは4年前だったのか。
久しぶりに堅ちゃんの歌声と愉快なMC、そして、私たち人間のやわらかい部分や
せつない部分、たくさん見ることができました。

堅ちゃん、相変わらずMCが愉快だな~
思いっきり、笑わせてくれました。
でもそれだけじゃないところが、彼のステキなところ。
人が笑っているその裏側で、泣いていたり、胸を痛めていたり、
せつない想いに浸っていたり、自分を見つめなおしていたり…
彼の魅力は、それを私たちに思い直させてくれるところにあるんだと思います。
だから、歌のひとつひとつが、心に残るんだね。

今回も、私のダイスキな昔の曲も披露してくれて…
私はとってもシアワセな気分になりました。

堅ちゃん、やっぱりいいなぁ~♪
[PR]
by venuscolor | 2008-05-04 00:17 | Music & Live

TOKU 「Bewitching」


a0026847_134083.jpgJAZZを本格的に聴き始めた頃、大好きな小林 桂さんのCDとともに
購入したのが、こちら。


   TOKU  Bewitching


2000年にデビューした彼のセカンド作。
実は彼のアルバムはこの1枚しか持っていないのですが、
これがたまらなくムーディなわけです。
この1枚があれば十分、てなくらい、厚みのあるアルバム。

彼が見出すサウンドは、彼の持っているその声質と
フリューゲルンホーンによるもの。
最初このジャケを見た時、正直、こんな若い子がJAZZ?
なんて疑っちゃいました。
しかし~… 歌声を聴いてびっくり。
低くて、甘みがあって、厚みがあって、おだやかで。

スタンダードというよりはライトジャズのサウンドですが、
もう甘いことこの上ない1枚。
だんぜん、夜に聴くことをおススメします♪
私はよく、眠る前にベッドに入ってから聴いています。

そうは言いながら、まだ一度も彼のライブに行ったことがない。
ちょくちょくチェックしてはいるのだけど、どうも予定が合わず…
今年こそ行こう!
って、もう何年越しかしら…
[PR]
by venuscolor | 2008-04-24 01:04 | Music & Live