惜しみない努力に              もっと光を


by venuscolor
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Food( 54 )

クッキー大量

クッキーを焼きました。
お菓子焼くの、すごい久しぶり。
ちょっと余計なものがいっぱい写ってますけど 笑

a0026847_030134.jpg


1コずつのラッピングは超~シンプル。
何せ時間ないもんで… 手抜き隊。
セロハン袋と麻紐は百均です 笑

a0026847_0312011.jpg



どうしてこんな平日にこんなに大量のクッキー?

それは… 次回のお楽しみ!

おやすみなさい zzz…
[PR]
by venuscolor | 2008-10-31 00:36 | Food

ぶり

a0026847_20424370.jpg

昨日、厨房で残ったぶりの切り身をいただいてきました。
今の時期、普通はぶりはないのだけどね。
昨日のプレゼンでどうしても必要で特別に仕入れていただき。
それが余りまして。

ものすごく立派なぶりで、昨日は刺身!
今日も残っていて、でも時節柄今日は生はやめたほうがよろしいかと。

てきとーに作ってみましたの。
バターと塩・こしょうで味付け、フライパンで強火でささーっと。
最後にちょことだけお醤油ね。
で、万能ねぎ散らしたら ウマイじゃないの。
表面がカリカリなのよ~
んで、中がまだ少しレアな感じ?
強火でジュッ!て焼いて、中のうまみを閉じ込めるから、
周りはカリカリで、中はふわっふわなのよ~
お醤油じゃなくて、バルサミコ酢でもよかったかも。

とーぜんワインかと思いきや。
結構、辛口の日本酒が合うじゃないのさ~
「山田錦」特別純米酒で。

やっぱりさ、料理はシンプルがイチバンなのよ。
素材の味を活かした料理が、イチバン。
おいしく食べられるって、シアワセだね☆
[PR]
by venuscolor | 2008-07-31 20:42 | Food

なんとなく

a0026847_11295330.jpg

桜餅を作りたくなったので作ってみた。

夕べ色々やった後だったので
深夜2時になってしまったー ワラ


成型 イマイチ…
でもまぁ、自分で作ればなんでもアリかなー
[PR]
by venuscolor | 2008-03-28 11:29 | Food

ブリ照り

あたしの好きな食べもののひとつ。

ブリ照り。
ブリの照り焼き。


ブリ(鰤)は冬が旬ですが、
最近では年中食べられますね。
今日は安売りしていたので買ってきました。

脂ののったブリはほんとにおいしい。
そしてこのブリ照り、どんなお酒にも合う万能選手なの。
ビール、ワイン、焼酎、日本酒…
しかも、シロメシ(白飯)にも合う。
こんな万能選手、なかなかいないわ~。
[PR]
by venuscolor | 2008-03-25 21:25 | Food

お酢とビネガー

今朝、目の前にあった電車内広告を何気なく見ていたら。

フルーツビネガー飲料ですか… ほぅ…

昨今のお酢業界は、めざましい変貌ぶりであります。
私も、一応その業界にいる人間として、
こういう情報には敏感であります。

フルーツビネガー、要するに果実酢です。
りんご酢、とか、ぶどう酢、とか、そーいうの、みんな果実酢。
それに加えて、最近ではいろいろな果実酢が出回ってきております。
果実酢自体は昔からあるものなのですが、
呼び方ひとつで印象って全く変わってくるんですよね。
「フルーツビネガー」と言われると、なんだか新しいもののようで、
へぇ~、なんか、いいじゃん、てなる。
「酢」って、イメージ硬いし、古いし…
「ビネガー」と言われるとオシャレ感もアップして、
ちょっと洗練された感じを受けたり。手が出やすくなる。
それに「フルーツ」まして「デザート」なんてついた日にゃ、
女のコたちのハートをこちょこちょとくすぐりまくりです。
ことに、食に敏感な若い女性からの支持を得ることは、
成功のカギを握る、といっても過言ではありません。
今朝見つけた商品広告は、まさにそれとお見受けいたしました。


ふーん…
こういう商品にしてしまうところが、さすがですなぁ…
ある意味、成功しそう。
若い世代の、お酢に対するイメージ、変わりそう。
おいしくてオシャレで、しかもカラダにイイ。
これで女のコが飛びつかないわけがないわ。


ツアー疲れMAXなのに、月曜朝イチの出勤からとってもお仕事なことを考えてしまいました。

そしてその広告の向こう隣りを見てみました。
だいたい、新商品の広告って数パターン貼られているでしょ。
これもその例外ではありませんでした。
ん?あれはもしや…?

もしや?

某AグループのNさんでは?

ははぁん。そうきましたか。こりゃ、競合としては黙っちゃぁいられないッス。
軽く闘争心芽生えました 笑

これを逆手にとって、「フルーツビネガー」から「果実酢」へ関心を持ってくれたら
すてきだな… と思ってみたり。
いつも言ってますが、何でも「きっかけ」って必要ですから。それが何でもいい
と思います。
それだけに終わらず、そこから次へ興味を持っていくことが大事なことである
と、
あたくしは思う次第であります。
[PR]
by venuscolor | 2008-03-24 23:09 | Food

冷凍餃子に農薬

って… どんだけwww

ほとんど毎日のように報道される食品偽装・疑惑のニュース。
しかしこれは恐ろしい…

同じ食品業界にいる私にとって、これは見逃すことのできない出来事。
どんどん、食品の信頼性が失われていきますね。

消費者は、商品を選べるようで、実は選べないんです。
目で見ただけでは判断し得ないものが大半ですから。
消費者が安心して食べ物を口にできるように、提供者は最善・万全の対策を
期する義務があります。

食の安全性… 今、あらためて突きつけられた問題点です。
[PR]
by venuscolor | 2008-01-30 23:12 | Food

リゾット

a0026847_19481637.jpg

今夜は一人。

なんかすごい料理したくなったので。
鶏肉とかぶのリゾット作りました。
ワインが進むね☆
[PR]
by venuscolor | 2007-12-15 19:48 | Food

本日のまかない

a0026847_1341295.jpg

たこ、キャベツ、たけのこ、トマトのパスタです。
隠し味にゆずの皮をおろしましたよ。
あー お腹いっぱい♪
[PR]
by venuscolor | 2007-11-07 13:04 | Food

ぶり大根

a0026847_14174343.jpg

取引先から大量のぶりをいただきました。
ありがとうございます☆

ただ今ぶり大根中。いい色になってきましたぞ~
[PR]
by venuscolor | 2007-11-01 14:17 | Food

食品の高騰について

ここのところ食品業界のイヤなニュースが目白押し。

食品業界に身をおいているわたくしとしては、なんとも悩ましいニュースばかり。
今、もっとも問題になっているのは食品偽装についてなんですが
今日は食品の高騰についてちょっとお話。

今年に入って、さまざまな食品の値段が上がっていますよね。
最近で目立ったところといえば、パン、カップラーメン、マヨネーズ、缶詰などなど。
ではこれらはどーして値段が上がっているのでしょーか。

それをひじょーに分かりやすく解説しているのがこちら。

アサヒ・コムきっず

ニュースを観ていても、正直、難しいゴタクを並べているだけで
果たして何が言いたいのかさっぱり、ってなことありません?(あたしだけか)
そんなとき、この「アサヒ・コムきっず」がお役立ちなのですよ。
これは文字通り、子供向けに書かれたサイトで、
これがオドロクほど分かりやすい。
子供向けのサイトをオトナが読んじゃいけないって決まりはありません。
難しいニュースを偉そうに見ているより、素直に分かりやすいところから
攻めていこうじゃ ありませんか。

というわけで。
食品の高騰の原因として挙げられるのは小麦の不作、バイオエタノールの
生産増、家畜の飼料不足、石油不足などなど。

でもこれって。あたしが思うに、やっぱり地球温暖化が起因していることが
多々あると思うんですよ。
特に小麦の不作。これは以前私も書きましたが、オーストラリアの干ばつで
小麦が取れなくなってきているのです。
日本の小麦消費の大半をオーストラリアからの輸入に頼っているため、
うどんやパン、ラーメン、お菓子等の食品に大きく影響しているのです。

また、小麦を飼料とする家畜のえさが不足しているため、肉も高騰。
加えて経済急成長をしている中国で、肉の消費が急増しているため、
絶対量が足りないわけです。


こうしてみると。
これらに起因するところは、すべて私たち人間自身が起こしていることなんですよ。
結局、自分で自分の首を絞めているんです。
温暖化の原因となるCO2の排出も、間接的にではあるものの、人間が出しているもの。
新しいエネルギーの開発も、もとはといえば人間が限りある資源を
使い果たそうとしているからこういう事態が発生しているわけです。
私たちは、それをしかと受け止めなければいけないと思うんです。

食べ物を大切にする、資源のムダ遣いをしない、ゴミの量を少しでも減らす。
ごくごく当たり前のこと。やらなくちゃ。
私たちの地球ですもの。
食材はなるべく「地産地消」が望ましいんでしょうね。


翔くんが蒔いたオーストラリアの小麦畑がどーなっているのか、
気になって仕方ありませんわ…
そのうち特集組んでくれるかなぁ…


ぜひ、アナタも参加してください
↓↓↓
チーム・マイナス6%
[PR]
by venuscolor | 2007-10-24 23:49 | Food